TURNER AMBASSADORS PROGRAM

ターナーの絵具をこよなく愛する各界で活躍中のアーティストによる、さまざまな活動を通してターナーの魅力を発信するプログラムです。

渡辺 おさむ WATANABE, Osamu

2014

PROFILE

渡辺おさむ
2003年 東京造形大学 デザイン科卒
スイーツデコの技術をアートに昇華させた第一人者として「東京カワイイTV」(NHK)や「徹子の部屋スペシャル」(テレビ朝日)等にもとりあげられ、アート界のスイーツ王子として人気上昇中。本物そっくりのカラフルで精巧なクリームやキャンディ、フルーツなどを用いた作品は国内はもとより海外でも注目を集め、中国、イタリア、ベルギー、トルコ、アメリカ、韓国などでも個展が開催され話題を呼ぶ。2012年には初の作品集となる「SWEET OR UNSWEET?」が出版されたほか、大原美術館や清須市はるひ美術館にも作品がコレクションされている。

BIOGRAPHY

【主な展覧会】
2007 「五感でアート」長野県信濃美術館(長野)
2009 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」(新潟)
「非/現実のメタファー アニマミックス・ビエンナーレ」
上海現代美術館MOCA(中国・上海)
2010 「日本」トルコ現代芸術センター(トルコ・アンカラ)
「超カワイイ主義宣言」山ノ内町立志賀高原ロマン美術館(長野)
2012 「渡辺おさむ OHARA-DECO」大原美術館(岡山)
「渡辺おさむ お菓子の美術館」清須市はるひ美術館(愛知)
2013 「小さな世界へようこそ」高松市美術館(香川)
「渡辺おさむ お菓子の神様」兵庫県立円山川公苑美術館(兵庫)
2014「渡辺おさむSweet Sentiment」ポーラミュージアムアネックス(東京)
「渡辺おさむ お菓子の王国 -スイート・ファンタジー・クエスト-」高崎市美術館(群馬)

著書
2012 OSAMUWATANABE SWEET OR UNSWEET? (ビー・エヌ・エヌ新社)
2013 OSAMU WATANABE POSTCARD BOOK (パルコ)

パブリックコレクション
・美術館
【作品収蔵先】大原美術館、清須市はるひ美術館、山ノ内町立志賀高原ロマン美術館、高崎市美術館

MY FAVORITE PAINT
Q and A
  • ・あなたにとってアートとは?

    幸せな記憶を呼び起こすものです。

    ・制作するにあたって心がけていること。
    人の記憶の中にある形や色を再現することを心がけています。

    ・制作場所、時間、などこだわりがあれば教えてください。
    毎日一生続く制作活動なので、無理のないように、午前中はピアノや乗馬などの趣味の時間、午後から制作というスタイルをとっています。個展前はそうもいきませんが‥

    ・活動をはじめるきっかけとなった出来事があれば教えてください。
    大学生の頃に、自分なりの表現は何かという事を考えたときに、母がお菓子の先生だったので幼い頃の記憶に一番強く残っているお菓子をモチーフに作品をつくろうと思い現在の表現スタイルになりました。

    ・影響を受けたアーティスト
    ダミアンハースト

    ・注目しているアーティスト
    ジャン=ミシェル オトニエル

    ・今後、日本の、もしくは世界のアートシーンをどう動かしたいですか?
    日本のアーティストの作品を世界中から観にくるような環境になれば良いなと思っています。

    ・ターナーへ一言。
    これからも変わらず良い画材をつくり続けて下さい。

    ・今後の活動予定。
    1st作品集「OSAMU WATANABE ART WORKS SWEET OR UNSWEET ?
    BNN新社
    2hd作品集「OSAMU WATANABE POSTCARD BOOK」パルコ出版 好評発売中。

Page Top