TURNER AMBASSADORS PROGRAM

ターナーの絵具をこよなく愛する各界で活躍中のアーティストによる、さまざまな活動を通してターナーの魅力を発信するプログラムです。

八木 秀人 YAGI, Hideto

2014

PROFILE

1975年埼玉県生まれ。
2001年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業、
同年マッキャ ンエリクソン入社。
2006年電通入社、現在CDC局に勤務。

BIOGRAPHY

受賞歴:JAGDA新人賞、東京ADC賞2009年/2012年、NY.ADC銀賞2010年/2013年、カンヌデザイン部門ゴールド、ロンドン国際広告祭金賞、アドフェストグランプリ、SPIKES ASIA ゴールド。アドスターズグランプリ。

展覧会歴

2009年 Motion & paper typography展 六本木ギャラリー
2010年 JAGDA新人賞展 リクルートギャラリー
2010年 JAGDA新人賞展 愛知芸術大学
2010年 JAGDA新人賞展 大阪dddギャラリー
2011年 NHKハート展 日本橋三越ギャラリー
2012年 CUTER ART OF OLFA展 バタフライストロークギャラリー
2014年 NOT AD BUT ART展 NISSHOギャラリー

Q and A
  • ・あなたにとってアートとは?
    →自分の自己表現の場。本当に自分が好きなもの。表現したいもの。

    ・制作するにあたって心がけていること。
    →人を驚かせるパワーがあるか。情熱があるか。夢中になっているか。

    ・制作場所、時間、などこだわりがあれば教えてください。
    →主に実家のアトリエ。ブルーカラー新橋(プロダクション)

    ・活動をはじめるきっかけとなった出来事があれば教えてください。
    →JAGDA新人賞を目指すために、自分らしい表現方法を模索し始めた事がきっかけ。

    ・影響を受けたアーティスト
    アンディウォーホール、アルフォンスミュッシャ、カッサンドル、野田弘志、田淵俊夫、平山郁夫

    ・注目しているアーティスト
    トーマスデマンド、池田学、名和晃平

    ・今後、日本の、もしくは世界のアートシーンをどう動かしたいですか?
    自分はアーティストではありませんが、アートを通して人々が癒されたり、喜んだり、感動したり、人の気持ちをゆさぶれるような作品を作ってアートシーンを動かせたら素晴らしいと思います。
    ・ターナーへ一言。
    絵の具が世の中からなくなる事はないと思います。手を使って絵を描くという行為は人間にとってとても大切な行為だと思うからです。でも、絵の世界も時代に合わせて必ず進化していくと思います。これからの絵の世界を牽引していってくれるような進化した絵の具を今後も開発し続けていってほしいと思います。

    ・今後の活動予定。
    2015年4月、ターナーアクリルガッシュ展を開催予定。

Page Top