TURNER AMBASSADORS PROGRAM

ターナーの絵具をこよなく愛する各界で活躍中のアーティストによる、さまざまな活動を通してターナーの魅力を発信するプログラムです。

勝 正光 KATSU, Masamitsu

2014

PROFILE

 

鉛筆画を特徴とする画家。1981年大阪府生まれ、武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業(杉本貴志ゼミ賞受賞)、2006年「GEISAI10」銅賞、佐藤可士和賞、電通賞受賞。2009年「わくわく混浴アパートメント」(別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」関連企画、大分県別府市)参加を機に会場となったクリエイターが集まる清島アパートに住居を移しその後も住み続け、アートの専門性と日常生活が入り交じる場を作リ続けている。

http://katsujp.exblog.jp

 

BIOGRAPHY

(主な展覧会歴)
2006年 「トーキョーワンダーウォール公募2006入選作品展」東京都現代美術館、東京
2007年 「GEISAI Miami」ソーホースタジオ、マイアミ
2008年 「第11回岡本太郎現代美術賞展 」川崎市岡本太郎美術館、神奈川
2009年 「時々 JIJI」TURNER GALLERY、東京
2010年 「BEPPU ART AWARD 2010」platform02、大分〈オーディエンス賞〉
2011年 「一枚の絵の力」3331 Arts Chiyoda メインギャラリー、東京
2012年 「勝正光個展」ゆふいん駅アートホール、大分
2013年 「第9回グラフィック 1_WALL」ガーディアン・ガーデン、東京
2014年 「Pencil drawing exhibition #1」island MEDIUM、東京

Q and A
  • ・あなたにとってアートとは?
    ⇒ この世で定義のない唯一のもの。だからどんな想いでも込められる。

    ・制作するにあたって心がけていること。
    ⇒ 絵画への問い

    ・制作場所、時間、などこだわりがあれば教えてください。
    ⇒ 2009年より拠点にしている清島アパートで、上限決めず地域に根ざした活動の上での作品を生みたい。

    ・活動をはじめるきっかけとなった出来事があれば教えてください。
    ⇒ 大学の恩師に作品を買っていただいたこと。

    ・影響を受けたアーティスト
    ⇒ 村上隆、遠藤一郎

    ・注目しているアーティスト
    ⇒ 高嶺格、石川直樹、曽根裕

    ・今後、日本の、もしくは世界のアートシーンをどう動かしたいですか?
    ⇒ 地域のアートプロジェクトに長く籍をおくものとして、地域から世界のアートシーンに評価される作品を作りたい。

    ・ターナーへ一言。
    ⇒ 普段は鉛筆で作品制作するのが主ですが、地域で活動するにあたって絵の具の出番がありますので、今後の活動での活用内容をどんどん報告させていただきます!

    ・今後の活動予定。
    ⇒ 3度目にして最後の別府現代芸術フェスティバル『混浴温泉世界』が来年2015年7月18日〜9月27日に開催されます。

Page Top