TURNER AMBASSADORS PROGRAM

ターナーの絵具をこよなく愛する各界で活躍中のアーティストによる、さまざまな活動を通してターナーの魅力を発信するプログラムです。

松井 えり菜 MATSUI, Erina

2014

PROFILE

1984年岡山県生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業、東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了。2004年に自画像『えびちり大好き』でGEISAI#6の金賞を受賞。同作品はカルティエ現代美術館のコレクションとして収蔵される。2007年のジョアン・ミロ美術館(バルセロナ)、2012年の大原美術館(岡山)での個展をはじめとし、国内外で作品を発表。NTTドコモやモレスキンなど企業とのコラボレーションも多く、ファッションやデザイン、展覧会のキュレーションなどにまで活動の幅をひろげ、意欲的に活動している。

 

MY FAVORITE PAINT
Q and A
  • ・あなたにとってアートとは?

    一枚一枚の絵がその時々の生活の足跡です。

     

    ・制作するにあたって心がけていること。

    絵を描く姿勢をいつもフレッシュであるように心がけています。

     

    ・制作場所、時間、などこだわりがあれば教えてください。

    アトリエは自身の作品が投影されるもの。好きなものでいっぱいにしています。制作スペースが狭いのが難点なのですが・・・。

     

    ・活動をはじめるきっかけとなった出来事があれば教えてください。

    子どもの頃はものを作ることが好きで誕生日やクリスマスに画材をプレゼントしてもらっていました。 作ったものが褒められるともっと作ろう、もっと描こう!そして今に至ります。誰かが喜ぶ顔が原動力だったのかもしれません。

     

    ・影響を受けたアーティスト

    辰野登恵子、横尾忠則

     

    ・注目しているアーティスト

     

    ・今後、日本の、もしくは世界のアートシーンをどう動かしたいですか?

    難しい質問ですね、、、世界中で絵画を描く作家がもっと増えたら嬉しいです!

     

    ・ターナーへ一言。

    粒子が密なラメの絵の具があればいいなぁ・・・^^

    あと塗っただけでつや消しでない金色になるアクリル絵の具があれば最高ですね!!いろいろな色にチャレンジしてきたターナーさんだからこそ言ってみました!

    実現しますように!!!

     

Page Top