TURNER AMBASSADORS PROGRAM

ターナーの絵具をこよなく愛する各界で活躍中のアーティストによる、さまざまな活動を通してターナーの魅力を発信するプログラムです。

神田 サオリ KANDA, Saori

2014

PROFILE

幼い頃、バグダッド(イラク)とドバイ(アラブ首長国連邦)にて育ち 世界のうつくしさと共に日本への憧憬を強烈に体験する。 世界中を旅しながら様々な場や人との出逢いに全身で感応し、 そのエネルギーを表現し続ける。 ”LIFE PAINTING”と銘打たれたライブペイントでは 躯全部で音の波を感じとり大画面を踊り描き上げる。 生き物の様に変化し続ける画面は、描かれては壊されまた産まれ、 自由奔放な命がほとばしる。 描いている肉体自ら絵の一部となり、空間を満たすペインティングに ミュージシャン、クリエイター、ジャンルレスな企業から注目が集まっている。完成作品は繊細かつ大胆でコレクター多数。これまでに香港、台湾、カザフスタンなど国外を中心に個展を開催。近年では与論島にて音楽とアートと自然を融合させる祭のアートディレクションを手がける。

BIOGRAPHY

2010年 Alfa Romeo[MiTo]CMアートワーク担当
2013年 Dragon Ash [ Lily ] MV出演
2014
年 アメリカ/伝説の野外シアターRedrocks ”Shpongle LIVE出演

2014
年 ミャンマー/TOYOTA IVENT招聘

MY FAVORITE PAINT
Q and A
  • ●ターナーの画材で、気に入っているものがあれば教えてください。
    GOLDEN フルイド
    GOLDEN アブソーベントプライマー
    テントアート

    ●あなたにとってアートとは?
    人間が本来持つ優しさや愛情にアクセスする大切な儀式

    ●制作するにあたって心がけていること。
    描く際は我を忘れる
    土地、空間、人との
    出逢いによる反応に身をゆだねる
    死んでからも遺るクオリティーの素材を使用する
    壊すことをおそれないで新しい美しさを発見する
    爪、手のひら、全身使って描くので 身体のケア

    ●制作場所、時間、などこだわりがあれば教えてください。
    絵を描く場所との出逢い、
    それを支えてくれる人との出逢いに
    エネルギーを注ぎます。

    ただ描くのではなく、絵が産まれるその瞬間を
    体感できる空間創りにこだわります。

    音楽家、映像作家、衣装デザイナーなど
    様々な表現者とのコラボレーションを
    大切に取り組みます。

    協力してくださる人々の持つチカラをいただき
    自分の身体を媒介として
    祷りをこめて
    絵が産まれるままに身をゆだねます。
    絵を描くひとときを儀式ととらえ
    満月のひかり、篝火の炎など
    場を整えることを大切にしています。

    絵を描くことが
    出逢った方のこころに触れて
    感情を解放するきっかけになることを
    信じて踊り描き続けています。

    ●活動をはじめるきっかけとなった出来事があれば教えてください。
    小さい頃からずっと描くことも踊ることも好きです。
    アラビア(イラク)に住んで居た頃、戦時下でおもちゃが無かった事もあり、父親が会社から持って帰る書類の束の裏に絵を描く事が最高に楽しい遊びでした。
    緻密な絵を描き続けていましたが、2002年にとある歌手と出逢い、目の前で壮大のグルーヴの唄声に包まれたとき、涙があふれて身体が突き動かされるように大画面を身体全部で描く様になりました。それから様々な音楽との出逢いを通して、画風もどんどん展開し今に至ります。

     

Page Top